100:エクセル

150:アクティブセルの選択方法

通常、アクティブセルを指定するのは、Range("A18").Select のような記載方法ですが、Cells(18.1).Select でもセルを選択できます。
100:エクセル

149:2つのエクセルシートからキーワード検索してその情報を貼り付ける

キーが合致していれば、VLOOKUP関数が使えますが、びったりキーが合わなくて、キーワードで検索してその内容を別のシートから情報を持ってくるというシチュエーションがあると思います。そのマクロの説明です。
130:マクロ素材

148:エクセル素材 下のセルとさらに下のセルの中身を合わせて右端までコピー

会社の業務のなかで、IBMのデータベースからデータを落とすと、1行目から3行目にフィールド名が来ることが多いのですが、1行目の内容は無視しして、2行目と3行目のフィールド名を合わせて、フィールド名にすることで、他のソフトでの運用ができるようになるために、マクロを作成してみました。
130:マクロ素材

147:エクセル素材 日付を入力する

マクロの式で日付を入力する方法。
130:マクロ素材

130:マクロ素材 メニューリスト

131:マクロ素材 マクロの親子132:マクロ素材 エラー処理について133:マクロ素材 MsgBoxの紹介134:マクロ素材 今あるセル番地を調べる 135:マクロ素材 IF文(条件分岐) 136:マクロ素材 Do Loop 137:マ...
130:マクロ素材

146:マクロ素材 ファンクションを使った計算式

Function()をつかったマクロをご紹介いたします。もっとも簡単な例を紹介します。計算式で帰ってくるものは、一つであることを認識してください。
130:マクロ素材

145:マクロ素材 自分を知る

ディレクトリ、パス、ファイル名、セル番地、セル行、セル列等を調べるエクセルマクロ構文です。
130:マクロ素材

144:ファイルを閉じるときに上書きするかどうか聞かれないようにする

ファイルを保存する場合、同じファイル名があるとマクロが一度止まって、ファイルを上書きするかどうかを聞いてくるので、せっかく自動化したものが、手動が入ってしまうことで、合理化した感じがしないことがあります。このファイルの上書きを聞いてくるものを自動で、上書き保存してしまう方法をご紹介いたします。ダイアログボックスを表示させない方法です。
130:マクロ素材

143:マクロ素材 セルにファイル名を入れておき、クリックでエクセルから開く

エクセルを、メニューのように使える方法をご紹介いたします。エクセルのハイパーリンクという機能がありますが、このハイパーリンクをひとつづつ作っていくのは、作業の無駄なので、マクロ化して使いやすくしたいというものです。具体的には、エクセルのセルに開きたいファイル名を入れておいて、そのセルを選択した状態で、マクロを起動させる。またはマクロが登録された画像を押すことで、ファイルを開くようにするものです。ファイルについては、エクセルファイルの他に、PDFにも対応できております。他のソフトのファイルも(例えばワードとか)可能かと思えます。
130:マクロ素材

141:マクロ素材 いろいろな貼り付け方

貼り付け方のマクロの書き方をご紹介いたします。普通の貼り付け、値固定で貼り付け、縦横を変更して値固定等です。
タイトルとURLをコピーしました