300:PARDOT

356:tableau結合条件

2つのデータベースを何らかのフィールドをキーとしてデータベースを結合するときの方法が、4つあります。よくあるのが、実績のデータベースがあって、そこに、キーでマスターから品名や原価を結合することです。エクセルのVLOOKUP関数を用いて行うことに似ています。
300:PARDOT

355:同じ内容の複数のデータソースを使う

以前に作成した売上データについて、その時には単月のデータのみでしたが、tableauでは簡単に、データベースの追加が可能です。方法は同じフォルダに同じ形式で入れるだけです。その方法を説明いたします。
300:PARDOT

354:tableau フィールドに複数の内容が含まれる場合の処理

例えば、一つのフィールドに複数の内容が入ったものを集計したい時に、その区分けをしないと集計ができません。その場合について、テクニカルレポートに問い合わせしたときの回答を参考に記載したいと思います。
300:PARDOT

353:tableauの計算式を作ってみよう

tableauで計算式を使って新しいフィールドを作ってみる方法の説明です。 まず、売上と利益が組織別に集計されたワークシートがあるとします。 そこで、利益率を計算したいと考えました。
300:PARDOT

352:Tableau の基本的な内容

Tableauがどんなものかは、すでに導入されている人が本ホームページを見ている前提なので、説明を省きます。 Tableauを使い始めて、初めて聞くこと等をここでは記載していきたいと思います。
300:PARDOT

350:Tableau

Tableau初心者ですが、初心者なりに、わからなかったことがわかった内容を記載していきたいと思います。初めにつまずく箇所はだいたい同じだと思いますので、Tableauを使い始めた方に役に立てば幸いです。
300:PARDOT

351:Tableau 2022.3にバージョンアップしたことで

過去のバージョンは、データのアップロードとワークシートのアップロードが別でした。 それが、ワークシートのアップロードと一緒にデータもアップロードできるようになったことは素晴らしいです。
300:PARDOT

322:エンゲージメント スタジオ(Engagement Studio)

直訳すると、エンゲージは、婚約で、スタジオは、工房、制作室といった場所を示しております。つまり、PARDOTでは、「お客様とのつながりを持たせる場所」と理解できると思います。具体的には、特定のリスト化された人々に、メールを送信し、そのメールに対応してお客様が行った内容について、自動で判断し、次のアクションを自動で展開させていく機能です。
300:PARDOT

保護中: 303:PARDOTを使う前に、法的な理解

PARDOTを運用することについて、個人情報を取扱うことになります。PARDOTの仕組みとして誤った方法を行ってしまうことで、個人情報が社外に流出することは考えにくいですが、故意に個人データを持ち出そうとすれば、持ち出せることが可能です。個人情報を取扱う上で、注意しなければならないこと。してはいけないこと。しなくてはいけないことをここでご説明したいと思います。
300:PARDOT

300:PARDOT メニューリスト

301:PARDOT新規ユーザー設定 302:PARDOTで、どんなことができるか? 311:PARDOTでメールを送信する方法 その1 312:PARDOTでメールを送信する方法 その2 313:PARDOTでメールを送信する方法 その...
タイトルとURLをコピーしました